直線上に配置
2006年1月27日〜28日、「トリュフ狩りツアー」なるものに参加してきました。

まずフランス南部のAvignonという街へ行き、そこから90kmほど離れた
Recherenches村と いう所へ行って、犬を使ってのトリュフ狩りを見せてもらったり、
トリュフ入りオムレツを食べたりする楽しいツアー・・・・・のはずでした。
金曜日は仕事をさっさと終わらせて気合い入れて駅へ集合したのに、現地は
大雪なので明日は行けるかどうか不明との情報が。とりあえずAvignonまで
TGV(新幹線)で向かいましたが、雪のためスピードゆっくりで予定より2時間遅れ、
夜12時にようやくホテルに着くありさま。
明日はなんとか目的地の村へ行ければいいのにと思いながら眠りにつきました。

10th いなちゃんフランス散歩
|info|掲示板|Touring|ぶらり旅|日記|団員レポート|リンク|
アウ゛ィニヨンのホテルを出て、天候を心配しながら
トリュフ狩りの目的地Richerenches村へバスで
向かいます。
近くまで行ったものの大雪で通行止めのため、
急遽オランジュという街の観光に変更することに。
オランジュの街も見事な雪景色で、足元は滑るし、
木の上から雪爆弾は落ちてくるし、格闘しながら
歩いてました。
オランジュ観光の目玉である古代ローマ劇場は、
これまた雪のために入場不可能だったため、
もう1つのローマ遺跡である凱旋門を見に行きました。
オランジュの街の様子です。小じんまりとした街でした。
近郊の村(Chateauneuf-du-Pape)へ行ってワインの
試飲や買い物をすることに。これはChateau(城)が
ある丘の上からの眺めです。
ChateaudesPape(パップ城)です。崩壊していて、
現在は建物の一部しか残っていません。
ワインカーブを訪問し、ご当地「Chateauneuf-du-Pape」
という銘柄のワインを試飲。
残念ながらほとんどの店は閉まっていて、入れたのは
4軒くらい。しかもどの店のワインも高い(40〜50ユーロ以上)
ので、買う気がしませんでした。
この店には手頃な価格(10〜20ユーロ程度)のワインも
種類豊富にあるらしいのですが、閉まってます。
土曜日だというのにこの街の人々はやる気がありません。
仕方なく、雪に覆われたブドウ畑でも眺めました。
次に行ったのはアウ゛ィニヨンの街。
「♪アウ゛ィニヨン橋で踊ろよ踊ろよ・・・」の歌で
有名なベネゼ橋を見ました。
この写真では見にくいかも知れませんが、
歌詞(フランス語バージョン)が書いてある看板です。
橋の中央からローヌ川を見下ろします。
通りがかった船から、子供たちが大声で
例の歌を歌ってくれました。
橋の反対側には、城壁に囲まれた法王宮が見えます。
アウ゛ィニヨンは大きな城壁に囲まれた街で、
その中にある法王宮も立派な建物です。
法王宮から見えた教会です。 という訳で、
本来の目的からはかけ離れた旅になってしまいましたが、
天候には逆らえないので諦めましょう。
団員レポートTOP
直線上に配置